先日、とある友人から「バス旅行の車内で、レンタルのビデオを持ち込み上映した場合、著作権上の問題が生じないか?」と質問がありました。結論は、営利目的でなく、料金を受けない場合にはセーフ。著作権法38条1項に「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観客から料金…を受けない場合」には、著作権者の許諾を得ることなく著作物を公に上演等できるという規定があります。多くの方はこのような状況で著作権など気にされないのでしょうが、真面目、律儀な方は疑問に思うのでしょうね。

 以上、大阪の弁護士北畑瑞穂のブログでした。

みずほ法律事務所